プレキャストコンクリートの設計・製造・施工メーカー、コンクリート二次製品(ボックスカルバート・擁壁・水路等)、PC橋、シェッド、梁、柱、床版|昭和コンクリート工業㈱

私たちの取り組み

環境への取り組み

環境への取り組み

前沢橋工事現場見学会および自然環境について(岐阜県環境木シデコブシの植樹)

『ダム建設事業の目的を理解し、エネルギー問題による地球の温暖化を防ごう!』
と可児郡御嵩町宿の御嵩町立上之郷小学校の5・6年生30人が1月18日環境教育の一環として国土交通省中部地方整備局新丸山ダム工事事務所と昭和コンクリート工業株式会社が企画し御嵩町協力のもと、当社の前沢橋作業所を見学すると共に岐阜県環境木シデコブシの苗木を植樹しました。

  • 日程 : 平成20年1月18日(金)に上之郷小学校5・6年生30名を対象に実施
  • 主旨 : 『新丸山ダム資材運搬線工事の見学を通して新丸山ダム建設事業を身近に感じてもらうとともに地元の自然の大切さの理解を深めてもらうことを目的とする。』
  • 主催 : 国土交通省 中地方整備局 新丸山ダム工事事務所(昭和コンクリート工業㈱)
  • 協力 : 御嵩町・上之郷小学校

見学会当日のようす

9:00

9:50

まず、小学校にて三浦建設監督官より新丸山ダム建設事業の概要についての説明を受け、その後NPO法人岐阜県環境新工法研究会の青木一雄(当社中部支店長)より地球温暖化の現状や植樹予定のシデコブシに関する説明を受ける。
6年生の子供達を中心に非常に興味深く聞いていました。

見学会当日のようす

見学会当日のようす

10:30

11:00

バスで前沢橋作業所へ移動。
前沢橋作業所 監理技術者 増田甲一郎さんより現場説明を受けたあと、施工途中の橋梁工事現場を見学。
前沢橋 構造形式:PCポストテンション方式合成桁橋(橋長=39.0m、幅員=8.2m)
PC版を設置する形式の橋梁で当日は設置したPC版の上を小学生が歩行し見学しました。
橋の上から恐る恐る下を見て日頃は入ることの出来ない場所を楽しんでいました。

11:10

11:40

橋梁現場より植樹場所へ移動し30本の岐阜県指定環境木シデコブシの苗木をそれぞれが1本づつ植樹。
最初は戸惑っていましたが、青木さん指導の下無事終了。
植樹が終了し全員が集合。
子供より『自分達が植えた木が大きく育ってほしい』との今回の感想。三浦監督官より『春には今回植樹した場所まで来ることが出来るようになりますので是非自分の植えた木を観察しに来てください』との挨拶で終了しました。

見学会当日のようす

感謝状

非常に寒い中での見学会及び植樹になりましたが子供達は終始元気に行なってくれました。
協力頂きました皆様 本当にありがとうございました。

後日、子供達からお礼の手紙と上之郷小学校より感謝状をいただきました。

▲ 上へ戻る