プレキャストコンクリートの設計・製造・施工メーカー、コンクリート二次製品(ボックスカルバート・擁壁・水路等)、PC橋、シェッド、梁、柱、床版|昭和コンクリート工業㈱

施工・納入実績

リフトローラー工法

特徴及び適用範囲

■道路・鉄道の高架下や電線下、また仮設道路が設置できない箇所等、クレーンでの据付ができない場所でも、搬送・据付が行えます。
■基礎コンクリートに特別なガイドを必要としない自走式装置のため、曲線部および折れ点部の施工が可能です。
■縦断方向の勾配施工も10%まで対応可能で、落差部の施工も可能です。
■コンクリート製品を設置場所に搬送し、油圧シリンダーにより上下左右の調整を行いますので、正確な位置決めが可能です。
■リフトローラーは電動のため、低騒音・低振動で周辺地域への影響がありません。
■クレーン施工では障害となる樹木の伐採が必要となる場所でも、伐採をせず施工ができ、自然環境への配慮も可能です。
■ボックスカルバート・三面水路・L型水路・逆T型製品・スラブ等の製品に広く対応できます。

▲ 上へ戻る

施工写真





▲ 上へ戻る

その他

リフトローラー

▲ 上へ戻る