プレキャストコンクリートの設計・製造・施工メーカー、コンクリート二次製品(ボックスカルバート・擁壁・水路等)、PC橋、シェッド、梁、柱、床版|昭和コンクリート工業㈱

施工・納入実績

遮音板・土留板

特徴及び適用範囲

■NEXCO(旧JH)仕様の土留板・遮音板です。
■別途設計条件により検討も可能で、板厚及び板長も任意に変更可能です。

▲ 上へ戻る

設計条件

本設計は、遮音壁本体の設計を行うものであり、以下にその設計条件を記す。
荷 重
 ■荷重の種類
  遮音壁の設計にあたっては次の荷重を考慮する。
  ( a ) 死荷重 ( b ) 風荷重 ( c ) 土圧
  (注) 衝突荷重などについては通常考慮しないこととする。
 ■死荷重
  死荷重の算出に用いる材料の単位質量は表1のとおりとする。
  ただし、実質量の明らかなものについてはその値を用いるものとする。
 ■風荷重
  風荷重は遮音壁横断方向に作用する水平荷重とし、その大きさは次のとおりとする。
  橋梁部 ……… 2.0kN/㎡
  土工部 ……… 1.5kN/㎡
 ■土圧
  土圧はクーロン公式により求める。

▲ 上へ戻る

規格表

▲ 上へ戻る