プレキャストコンクリートの設計・製造・施工メーカー、コンクリート二次製品(ボックスカルバート・擁壁・水路等)、PC橋、シェッド、梁、柱、床版|昭和コンクリート工業㈱

用語集

あ行

安定斜面で基礎を掘削し、構造物中央部を先行して作り、この構造物に切り梁の反力をとって斜面部分に土止めを施工し、構造物周辺部の根切り、築造を行う工法。

移動式クレーンや杭打ち機などの安定を保つために付けられた装置。設置部分を横方向に張り出し、機体を幅広く支えて安定を保ち、吊り上げ能力を上げる。

トンネル掘削に対して、地上(明かり)で行う通常の掘削のこと。

互いに隣り合って配置された鉄筋の純間隔のこと。

ネットワーク工程表での各作業。

現場でフレッシュコンクリートを打ち込む前に、コンクリートの材料が分離しないように緩やかにかき混ぜる機械。

アースとは土・地盤、アンカーは錨(いかり)。鋼製ワイヤーを岩盤に固定し、山留壁を保たせる山留工法の一種。大規模な現場で使用する。

アースオーガー(螺旋状の錐を回転させながら穴を掘る基礎工事機械)で杭穴を掘削し、オーガーを引き抜くときにモルタルを注入、モルタル圧入後鉄筋を挿入して仕上げる工法。

アスファルトカーバという機械を使ってできた、アスファルトの雨水を導水する縁石。
路面排水設備(側溝など)が無い道路に設置し、雨水を道路排水施設まで円滑に流すために設置するもの。
路面と舗装する材料との接着剤として使用する。

アースドリルという刃のついた回転バケットを使用して建設現場で穴を掘り、コンクリートを流し込んで造る「場所打ちコンクリート杭」と呼ばれる工法の一種。

アスファルトに乳化剤・安定剤を加えた褐色の液体接着剤。削った路面と舗装する材料との接着剤として使用する。

構造物のアーチ作用により、水圧などの外圧に抵抗し貯水機能を果たすように造られたダム。

圧縮力を受ける物体の内部に生じる内力。一般には、圧縮方向に垂直な面に作用する単位面積当りの力で表す。

騒音・振動を防止するため、油圧を用いて静荷重をかけ、鋼矢板または杭を土中に押し込む工法。

粘土地盤の上に荷重がかかることによって間隙中の水が絞り出され、時間の経過とともに土の体積が収縮(地盤沈下)する現象。

鋼鉄をローラにかけて巨大な力で圧し延ばし、さまざまな性能をもった強力な鋼鉄に加工する技術。

コンクリートの水和反応の過程で、セメント中のアルカリ成分(Na・K等)と骨材中の不安定な鉱物(反応性鉱物)とが反応し、膨張性の物質が生成されコンクリートに膨張ひび割れが生じる現象。

ブレード(土工板)の角度(アングル)を進行方向に対して左右に20°~30°に調整することができ、片側への横送りや埋戻しなどに適するブルドーザ。 パイロット道路等の片切片盛施工に向く。

労働者の数が常時50人以上(下請業者を含む)の事業場で、請負契約関係にある事業者が同一の場所において混在作業を行うことによって生じる労働災害を防止するために、統括安全衛生責任者と安全衛生業務の連絡調整を行う、下請から選んだ責任者。

安全の程度を表す一つの尺度。許容応力度設計法では、構造材料の基準強度を安全率で除して許容応力度を定める。この安全率を材料安全率または部材裕度と呼ぶ場合もある。また、構造物の強度を作用荷重で除した値を安全率という場合も多い。安全率は1 に近い値にすれば経済的な設計が行えるが、荷重や材料強度のばらつき、設計・施工時の不正確さ、万一破壊した場合の被害の程度、構造物の重要性等を考慮して、これまでの構造設計の経験の積重ねをもとに、試行錯誤的に定められている。

側圧を受けない状態で自立する供試体を、一軸(縦)方向に圧縮し強さを求める試験のこと。その最大圧縮応力を一軸圧縮強さquという。

供試体に錘によって垂直応力を与えながら、水平方向からせん断力を与え、垂直応力を載荷した状態でせん断し、せん断強さ・せん断抵抗角・粘着力等を求める試験のこと。

軟弱地のトンネルにおいて、側壁が押し出されないようにトンネル底面に打設する逆アーチ状の保護コンクリート。

ろ過網を持ったパイプを地中に2~5m間隔で打ち込み、地下水を強制的に吸い上げて地盤の中の水を排水し、圧密を促進する工法。

旧コンクリートの上に、新コンクリートを打ち継ぐときにできる継目。

石積みや擁壁の安定を高めるために、構造物の背面に砂利や割栗など透水性の砕石等を充填すること。

弾性体に限度以上の荷重(外力)を加えた後、元の状態に戻らず、永久的に変形してひずみが残る状態。

砂地盤が地震によって揺さぶられ、液体のような泥水状態になる現象。海沿いや埋立地で発生しやすい。台地でも、旧河道や谷を砂質土で盛土造成したところは液状化のおそれがある。

フレッシュコンクリートに含まれている塩化物イオンの量。コンクリート用材料に含まれている塩化物には、塩化ナトリウム・塩化カリウム・塩化カルシウム、塩化マグネシウム等がある。

コンクリート中の塩化物イオンによって鋼材が腐食し、コンクリートにひび割れ、はく離、はく落などの損傷がもたらされること。

溶接する部材の端部に取り付けた溶接部材と同じ開先を有する補助板。溶接終了後は、ガス等で切断しグラインダー仕上げ等を行う。

軟弱地盤の原位置における土の硬軟や締まり具合を判定するため、マントルコーンを一定の速度(=1cm/s)で押し込み、深さ25cmごとの貫入抵抗を求める試験。

盛土の沈下や滑り破壊に対する抵抗モーメントを増加させるため、本体盛土の片側あるいは両側に腹付けしていく盛土工法。

河床での洗掘を防止し安定を図る目的で、帯のように河床と直交させるコンクリート構造物。

柱などのせん断補強鉄筋のことで、横方向の力に抵抗する鉄筋。フープと呼ぶこともある。

コンクリート部材内部の温度分布が不均一な場合及び温度上昇・下降に伴って生じる体積変化が外部から拘束された状態において、コンクリートに発生する応力。

部材は温度の変化により膨張、収縮する。この部材の変形が拘束されると、部材内部に応力が発生する。設計にあたって、この応力を発生させるのに相当する仮想上の外力をいう。

コンクリートの温度ひび割れの原因には、水和熱でコンクリートの内部が表面より高温となり、内部が膨張しようとする時に発生するものと、水和熱による温度の低下とともに収縮しようとするコンクリートが、既設のコンクリートや岩盤などに拘束されて発生するものがある。

ケーソンとは、フランス語のケースから変化した言葉で、箱の意味。ケーソンと呼ばれる筒を現場で構築し、その内部をバケット類で掘削して自重で沈下させ、コンクリート筒を継ぎ足しながら支持地盤に着底させて剛性の高い基礎を作る工法。

場所打ち杭工法の一種。ケーシング(パイプ)を揺動装置により、反復回転させながら油圧ジャッキで地盤に圧入し、ハンマーグラブをケーシング内に落下させ内部の土砂を掘削し、掴み取るように排出する。支持層に達した後、鉄筋籠を挿入、ケーシングを抜きながらコンクリートを打込み、杭を形成する。

▲ 上へ戻る