プレキャストコンクリートの設計・製造・施工メーカー、コンクリート二次製品(ボックスカルバート・擁壁・水路等)、PC橋、シェッド、梁、柱、床版|昭和コンクリート工業㈱

用語集

な行

堤内地の排水路の水位、または湛水面の標高。

フレッシュコンクリート中に押し込んで振動を与え、コンクリートを締め固める機械。

土粒子相互間の摩擦に起因するせん断抵抗角。クーロンの破壊規準では、垂直応力бによるせん断強さの増加率はtan Фで表され る。この角度Фを物体間の表面摩擦角になぞらえて内部摩擦角といい、土の強度定数としてせん断抵抗角を包括的にした意味で用いられる。

既製杭の中空部からオーガーやバケットで掘削し、杭を沈下させる工法。

地盤と盛土材料が一体化すること。

シュートの一種で、U字形断面の樋状のものをいう。特に軟練りのコンクリートに用いる場合は、材料分離の危険性が高いので、長さと傾斜角度を十分考慮する必要がある。

海岸堤防において、波力に抵抗するために表法被覆工の上部に設けられる構造物のこと。

基礎をつくる前処理として行われる敷均しコンクリートのこと。別名ステコン。

アスファルト混合物の転圧において、初期転圧に引き続いて行う転圧。

薬液注入工法の一種で、注入管を固定したまま注入孔により側方に注入する方法。単相式と複相式がある。

2列に打ち込んだ矢板をタイロッドやワイヤーロープで連結し、矢板間に土砂を充填して仮締切りとするもの。

ケーソンと呼ばれる鉄筋コンクリート製の函体(枠)を、基礎を構築する場所に据え付け、函体の底部に設けた作業室を高気圧に保って水と泥土の侵入を防ぎつつ、作業室に作業員が入って函体底部の掘削を行い、函体を所定の深さまで沈下させて行く潜函工法の一種。

練混ぜ後、コンクリート又はモルタルが固まり始めない段階において、材料が分離した場合等に再び練り混ぜること。

土質力学等では、モール・クーロンの破壊規準における破壊包絡線とせん断応力座標軸の切片の大きさのこと。せん断面の垂直応力に無関係なせん断強度成分でcで表す。粒子と吸着水の物理化学的作用により生じる。測定はせん断試験の排水条件を規定しないと 一義的に定まらない。

法面の洗掘を防止するために法面を被覆・保護するもの。芝付工・蛇篭工・石張工・ブロック張工・コンクリート張工・法枠工等がある。

▲ 上へ戻る