プレキャストコンクリートの設計・製造・施工メーカー、コンクリート二次製品(ボックスカルバート・擁壁・水路等)、PC橋、シェッド、梁、柱、床版|昭和コンクリート工業㈱

用語集

ま行

マカダム工法による締固め作業に使用する三輪式のロードローラ。

ブルドーザ等によって、盛土箇所に土砂を運搬し、層状に敷き広げること。

コンクリート打ち込み後、コンクリート表面に膜養生材を散布して被膜を形成させ、水分の蒸発を防ぐようにした養生法。

供試体が耐えられる最大曲げモーメントを、供試体の断面係数で除した値。

抗力の法線成分と摩擦の比。水工学においては、流砂の運動に関する砂粒の摩擦係数や、寒冷地の海岸構造物に関する海氷の摩擦係数等がよく用いられる。

高カボルトの一般的な接合法。接合面のすべり係数0.4を確保するため、黒皮や油などを除き鋼材の接合面を粗にして行う。

縦断図と横断図によって各測点間の土量を計算し、切り取りを十(プラス)、盛土を一(マイナス)として累加土量を求め、これをプロットして描いた土積曲線図。

マッシブ(massive)すなわち大量に打設されるコンクリートのこと。断面の最小寸法80cm以上で、コンクリートの水和熱による温度応力が問題になるコンクリート。

産業廃棄物管理票のこと。

硬化したコンクリートの一部に、粗骨材だけが集まってできた空隙の多い不均質な部分。

コンクリート用材料(セメント、水、骨材など)を均一に練り混ぜるための機械。

フレッシュコンクリート・モルタルに含まれるセメントペースト中の水(W)とセメント(C)の質量比。W/Cで表わす。

河川に設けられる構造物(ダム、堰など)の下流側に、落下する水や本川の流水による洗掘から防護するために設けられるコンクリート構造物(床版)。

断面形状が溝形(凹)の形鋼。

工事用の通路に架設する板、または建設機械を運搬用車両に積み卸しする際に荷台と地盤面に掛け渡す板。

3本以上の主桁で構成される桁橋で両側にある桁のこと。

雨水で法肩が崩れないように切芝を立てて埋め込む、法覆工の一種。

鋼材の規格・仕様内容に従って製造者が製品を検査し保証する証明書(鋼材検査証明書)。

鋼材で補強しないコンクリート。プレーンコンクリートと呼ぶこともある。ひび割れ防止のために、溶接金網や用心鉄筋など、比較的小断面の補強鋼材を用いるものも含まれる。

上水道等に用いられる鋳鉄管の接続継手の一種。作業は比較的容易で、水密性と耐震性に優れている。

圧力を表すSI単位。面積1平方メートルに1N(ニュートン)の力が働いているときの圧力を1パスカル(Pa)と定義する。

データを小さい順にならべた時、ちょうど真ん中(中央)にある値。

コンクリート舗装版の収縮目地の一種。舗装版の厚さのすべてを収縮目地とせず、版厚の1/5程度の深さの溝をつくり、6~10mmの目地材を注入する。

高速道路、河川堤防、ダム、鉄道、土地造成等各種の土構造物を造成するために、地盤上に土を盛り立てて構築した土構造物。盛土はその目的に応じて強度、変形性、透水性等の諸条件を満たすことが要求される。

セメント・水・細骨材・混和材料を材料とし、これらを練混ぜたもの。

杭打ち工事でドロップハンマに用いるおもりのこと。

ブレードとスカリファイアを保有し、地盤面を平に切削したり、盛土の敷き均し作業に使用する車式の建設機械。

1台で掘削~積み込み~運搬~敷均しを行う大型の土工機械。

▲ 上へ戻る