プレキャストコンクリートの設計・製造・施工メーカー、コンクリート二次製品(ボックスカルバート・擁壁・水路等)、PC橋、シェッド、梁、柱、床版|昭和コンクリート工業㈱

用語集

ら行

深礎工法に用いる山留め鋼板(円形リング)。

帯工と同様に、河床での洗掘を防止し、安定を図る目的で設けられた、落差がある構造物。

鉄筋コンクリート柱の軸方向の主鉄筋を取り囲むように配置された、らせん状の鉄筋。

自然石を窄孔を設け、アンカー材とストッパーパネルを控え部材として一体化させ、裏込材で埋戻しながら急勾配に積み上げる自然石積み護岸擁壁工。

車両の走行により舗装の表面が剥離したり、磨耗すること。

ディーゼルパイルハンマーや油圧ハンマーの錘。所定の高さから落下させ、アンビルへの打撃力と燃料の爆発力によって杭を打撃する装置。

部材と部材の節点が剛結された骨組構造。

大型の締固め機が利用できない所や狭い所の締固め工事に用いられる締固め機械。

沖側の海面に、汀線(ていせん)にほぼ平行に設置される構造物。

建設工事に係る資材の再資源化に関する法律。特定の建設資材(コンクリート・アスファルト・木材等)について、分別解体および再資源化等を促進するための措置を講じ、解体工事業者の登録制度を実施することにより、資源の有効な利用の促進及び廃棄物の適正な処理を確保するもの。

トラクタなどの後部アタッチメントとして、硬土盤の掘削、抜根などの作業に使用する大形のつめ状の装置。

ブルドーザの後方に取り付けたリッパを地盤に食い込ませ、ブルドーザが前進することにより硬い地盤や軟岩を掘削する作業。

岩石がリッパで破砕しやすいかどうか、その程度の判定をいう。

リバースサーキュレーション工法と同意語。孔内に満たしたベントナイト溶液の静水圧で孔壁を保持しながら、ドリルパイプの先端に取り付けた回転ビットによって土砂を掘削。水とともに逆循環によって中央パイプから揚泥排土を行い、削孔した孔に鉄筋かごを挿入し、トレミー管でコンクリートを打設し、杭を造成する工法。

コンクリートに流動化剤を添加後、撹拌して流動性を増大させたコンクリート。

練り混ぜられたコンクリートに添加して撹拌することにより、その流動性を増大させることを主な目的とした混和材。

砂レキの堆積地帯や扇状地において、洪水時における乱流防止や浸食防止を行う工法。

車輪のタイヤを通して路面に加わる鉛直荷重。

コンクリートの打込み後にブリーディングが発生し、内部の微細な粒子が浮上することによってできるコンクリート表面のぜい弱な物質の層。

涯青材料を用いた道路路盤の安定処理工法。平坦性が得やすく、たわみ性と耐久性に富むのが特徴。

アスファルト・タール等、瀝青を含む材料の総称のこと。一般的に舗装工事・防水工事等に用いられる。

工事現場で練り混ぜられるのではなく、生コンプラントで予め練り混ぜられて、固まらない状態で工事現場に配送されるコンクリート。

3箇所以上の支点(2スパン以上)で支持された連結はり。支点の内の一つは回転支点で、他の支点はすべて移動支点で構成される。

地盤中に孔を掘削し、そこに鉄筋かごを挿入してコンクリートを打設後、鉄筋コンクリートの柱あるいは壁を施工する工法。

ブルドーザにレーキ板をつけ、抜根作業を行う建設機械。

労働安全衛生法とは、建設工事の安全施工などについても規定した法律のことで、労働災害の防止等に関する総合的計画的な対策を推進することにより、労働者の安全と健康を確保するとともに、快適な職場環境の形成を促進することを目的としたもの。

労働安全コンサルタントとは、労働安全衛生法に基づく資格で、事業者の求めに応じて安全衛生診断や指導(有料)を行う業者。

車道の有効を保つために、車道または歩道に接続して路端寄りに設けられる帯状の部分。

原水の浮遊物・細菌を除去して水道水に用いるために、人工的に作られた砂層の槽。

舗装を支持している地盤のうち、舗装の下面より厚さ約1mの範囲のこと。

トンネルや坑道など機械が回転できない狭い場所で使用する、ズリ積込機械。

NATM工法で用いる棒鋼。岩石内に引張力が発生しないようにボルトで締め付け、地山を安定させる。

砕砂を製造する粉砕機。円筒形のドラムの中に、円形ドラム内面の長さよりやや短い鋼棒(ロッド)を多数入れ、ドラムの回転にともなう銅棒の落下が粉砕媒体となり、骨材を粉砕するもの。

舗装の表層または基層と路床との間の部分。舗装路面に作用する荷重を分散させて、路床に伝える役割を果たす。

既存材料に種々の添加材を加えて配合調整し、路上で混合して路床・路盤の安定化を図る機械。

表面を平滑に成形した円筒状の鉄輪によって、機械の質量を利用した静的圧力で路面などを締め固める機械の総称。

▲ 上へ戻る