プレキャストコンクリートの設計・製造・施工メーカー、コンクリート二次製品(ボックスカルバート・擁壁・水路等)、PC橋、シェッド、梁、柱、床版|昭和コンクリート工業㈱

技術情報

施工技術

PCコンポ橋

PCコンポ橋
PCコンポ橋イメージ

PCコンポ橋の主桁は、I型断面に比べて上フランジ幅が大きく、横方向の安定性が向上した形状です。また、床版は工場製作のPC板を主げた上面に設置し、その上に現場打ちコンクリートを打設して主桁と合成する合成げた橋です。

従来の合成げた橋と比べて、①少主げた構造にできる、②主桁の軽量化と安定性の向上が図れる、③現場施工の省力化が図れる、④構造の合理化に伴う経済性の向上が可能である、⑤床版の疲労耐久性が向上する、などの特長を有しています。

○参考適用支間長:25~45m程度

事例紹介
中和幹線跨線橋
中和幹線跨線橋

本橋は、奈良県桜井市で計画された主要広域道路に位置しています。鉄道との交差部での施工であったため、工期短縮と施工時の安全性に細心の注意を払いました。

 

施工実績詳細へ

 

▲ 上へ戻る